「人ヲ前進サセルノハ希望デハナク意志、
人ヲ停滞サセルノハ絶望デハナク諦念。」

マァ、気儘ニ更新シテイク雑記帳デス。
<< 一年前は | main | WINTER SPORTS FESTA >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
一年前と同様
勤労感謝の日にタイヤ交換しました。
私のイメージの中では、勤労感謝の日=晴れ
という根拠無き定説があったもので、それにしたがって行動したのですが・・・。

タイヤ交換に予想以上に手こずり、終わる頃には曇天。
(この記事を書いてる今は雨が降っています。)

なぜ、タイヤ交換にてこづったかといえば…。
機械式のねじ回しとの力勝負に負けた・・・
いや、痛み分けしたからでしょう。

去年は、タイヤ交換といえどそんなに時間はかからなかった。
その前にタイヤのネジをしめたのは自分の力だけ。
(機械でしめたわけではない。)
つまり、機械の力との全面対決は実ははじめてだったからです。

こんな事になったのも、タイヤの溝があまりにも無く、車検に通らないと言われたからだ。(時期は9月。)
タイヤを交換するだけなら(お金はかかるが)たいした問題ではない。
(安全のためだしそこは譲歩できる。)

ただ、あそこまでしめなくてもよいのではないか?
はっきり言って、しめすぎ!!
(機械式のねじ回しのデメリットの一つ、ネジの回しすぎによるネジきりを起こすのではないかと思うくらいの強さでしめてありました。あれが普通なのかな??)

いくら力を入れてもまわらない・・・。
それでも(苦戦して)なんとか全部のネジをはずしました。
(タイヤ一本にネジは5つ。5×4=20本分戦ったわけです。最初の一本でかなりくじけそうになりましたが…。汗)

おかげで、腰は痛い(ぎっくり腰になりそうでした…。)は背中は痛いはで予想以上の時間を費やしたわけです。
(まだ空気圧のチェックもできていない…。)

自分の力が落ちたのか、機械の力がすごいのかよく分かりませんが、
もう少し適当・適度という言葉にあうネジのしめ方をしてもらいたい。
(でないと、タイヤを支える部分が壊れてしまいますよ…。)

あぁ、もう筋肉痛らしきものが…。冷や汗
| 過去の戯言 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(1) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ユーザー車検のデメリット
ユーザー車検の長所はユーザー車検のメリットって?で紹介しました。それでは逆にユーザー車検のデメリットとはどのような点でしょうか?第一にユーザー車検の短所として挙げられる点と言えば、ユーザー車検にかかる時間とそのときの手間でしょう。実際ユーザー車検をす
| ユーザー車検にチャレンジしよう | 2009/10/22 7:47 PM |