「人ヲ前進サセルノハ希望デハナク意志、
人ヲ停滞サセルノハ絶望デハナク諦念。」

マァ、気儘ニ更新シテイク雑記帳デス。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 卒業旅行 | main | ついに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
予備校時代
予備校のとき、

今よりも英語が苦手だった時代にお世話になった先生をひさしびりに見た。

見たのは、とあるテレビ番組。
N○Kの「プロフ○ッショナル」という番組だった。
(彼がどういった経歴をたどっているかなどは今回はじめて知った部分も多々あった。)

予備校時代から、
全国的にも有名な先生だとは聞いていたが、まさかテレビに出ているとは…。

ただ、やはり6年もたっていることもあって、
私の記憶の中の彼と比べると言い方は悪いが、だいぶ老けていた。
(それだけの年数たっているということなんでしょう。)

それでも、言っていることは当時のまま。
いや、当時よりもアグレッシブになっているかもしれないと感じた。

予備校卒業時には、
「ああいった先生にもっと早く出会っていれば英語アレルギーにならなかったかもしれない」と思ったものだった。

人との出会い、とかく、先生との出会いというのは運に左右されるモノだと思う。
それでも、私の歩んできた道で彼のような英語の先生(正確には講師かな)に出会えたことは幸いだったと思える。

これからも人との出会いは大切にしたいと思ったひと時でした。

それでも、今でも英語に対する苦手意識は抜けないんですけどね…。
| 過去の戯言 | 02:33 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:33 | - | - | このページのトップへ
で、その先生だれ??
俺は駿台だったけど、崇拝してる先生が何人かいるんだよね。
その先生だったりするのかな?
| とし | 2006/03/19 3:29 AM |
駿台の講師です。
札幌まで来てるかどうかは分からないけど、
英語の「竹岡広信」という先生です。

| 常在戦場@管理人 | 2006/03/19 5:27 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック